FC2ブログ

top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  未分類  >  やっぱり、「さよなら原発」

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月1日ビキニデーをわすれない | topページへ戻る | 福島の子ども医療費無料化を求める緊急アクション

このページのtopに戻る

やっぱり、「さよなら原発」

2012-02-14

この土日は原発について、
あらためていろいろと考えさせられることがいっぱいでした。

11日の土曜日は、
ヒロシマ革新懇主催の学習会。
フォトジャーナリストの森住卓さんによる
「世界の核汚染と福島」でした。
3・11後、いちはやく福島へ原発の取材に入られた森住さん。
森住さんのブログでその様子は見ていましたが、
あらためて映像、写真、お話を聞くと、
いかに国と東電が放射能のことを県民に知らせずにきていたか。
その陰で苦しんでいる人、自ら命を絶った人がいることを知り、
怒りでいっぱいになり、涙がとまりませんでした。
会場いっぱいの参加者。
後で、おじさんたちもみんな、
「知らんかったの。ほんまひどいの。
 涙がでたわ」と話していました。

12日の日曜日は、
なんと広島にたちあがった
「さよなら原発ヒロシマの会」発足のつどい
会場に入りきれないほどの超満員で、
350人の人が参加しました
マスコミにもニュースなどで報道されたようです。
福島からのメッセージ、
呼びかけ人ひとりひとりの
「なぜ自分はたちあがろうと思ったのか」というお話に
会場はみなさん静かに聞いておられました。
「さよなら原発トーク」司会の
アーサー・ビナードさんのトークも
さすがでしたね。

運動はこれから
小さな集団や、個人でがんばってきておられる人とも出会えました。
これからつながって、運動を大きくひろげていきたいです

さよなら原発ヒロシマの会のHPはコチラ↓
3月11日にも集会やります

さよなら原発ヒロシマの会
スポンサーサイト

3月1日ビキニデーをわすれない | topページへ戻る | 福島の子ども医療費無料化を求める緊急アクション

このページのtopに戻る

コメント:

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。