FC2ブログ

top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  未分類  >  TPP学習会ひらきました

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興増税。なのに、大企業には減税!? | topページへ戻る | 自由にアイヌの世界を

このページのtopに戻る

TPP学習会ひらきました

2011-11-07

遅くなっちゃいましたが
先週のしんぶんは、TPP特集でした。
4日には県本部主催で、緊急にTPP学習会をひらきました
平日の午後で、急なよびかけのなか、
思っていたよりもたくさんの方が来てくださいました。
なんといっても、講師の方のお話が抜群にわかりやすく、
農家としてのおもいや誇りについても語ってくださったので、
みなさん、ぐいぐい話にひきこまれていました

印象にのこったお話を少しご紹介します・・・
農家の仕事は、野菜をつくって消費者に届けるだけではないってことが、
よーくわかりました。
日本のほとんどがそうですが、広島県はほとんどが中間山地。
あぜが多く、あぜの管理も農家がしているんです。
それはつまり、国土の保全を農家の方たちがやってくれているということ。
東城では荒廃農地をよせて、大豆を作って、
豆腐や味噌を作って地区に配ったりもしているそうです。
あぜの管理は山崩れを防いでくれているんだそう。
農地があるってことは、日本の原風景や文化、
災害から人を守ることにも役立っているんですね

TPPに日本が加わると、日本の米はわずか10%しか残らない。
酪農はなくなるとおっしゃっていました。
なるほどそうゆうしくみなのかと思ったのが、
TPPと消費税との関係。
「私の推測ですが」と言われていましたが、
「TPP加入で、日本の農家への所得補償はきちんとしますと政府は言っていますが、
 どこから補償費はでてくるんでしょうか?」
そこで、計算をみんなの前で示してくれました。
アメリカの米が安く入ってきた場合の、
日本の米の損失は約1兆8891億円。
これを農家へ所得補償するというのですが、
「まちがいなく消費者から消費税としてとるんではないでしょうか」と。
だから安い米が入ってくるからといって、消費者にとって決して安くない。
所得補償は米だけでなく、畜産やあらゆるものにも及ぶし・・・。
たしかに・・・ぞっとしました
輸出企業の財界が「TPPに参加しろ」と言っているそうですが、
「その分、企業が税金たーくさんだすから」とは、決して言わないですもんね。
それ以前に、日本の農業や雇用や医療が壊されるのはとんでもないこと
消費税は復興税といってますが、
まやかしじゃないのと疑ってみることも必要ですね。
こんな日本がまるごとよくない方向にかわってしまうTPPは
やっぱり反対まわりの人に知らせ続けましょう
スポンサーサイト

復興増税。なのに、大企業には減税!? | topページへ戻る | 自由にアイヌの世界を

このページのtopに戻る

コメント:

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。