FC2ブログ

top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  未分類  >  ふくしまの子どもたちを守る署名行動しました

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育の無償化&今年のノーベル平和賞 | topページへ戻る | 手作りちゃんちゃんこを被災地へ

このページのtopに戻る

ふくしまの子どもたちを守る署名行動しました

2011-10-12

少し前になっちゃいましたが、
10月4日に、『ふくしまの子どもたちを放射能汚染から守ろう』の
署名行動をおこないました

syomei3_s.jpg


昼間の広島市内ど真ん中。
なるべく賑々しくと、横断幕やのぼりを用意して
10人で1時間、チラシを配りながらマイクで訴えながらの宣伝。
69人の方が署名をしてくれました。

syomei1_s.jpg


署名してくれた方はみなさん、やはり言いたいことがいっぱいで、
対話が弾みましたよ。
「子どもたちが心配。これからも(事故が)どこでおこるかわからないよね」
と話しているうちに目にいっぱい涙をうかべていた60代の女性。
「大変なことだよね。がんばろうよね」と、
娘さんが福島と仙台に住んでいるという80代のおばあちゃん。
親戚2人を震災で亡くされたそうです
目の前の電車を降りてすぐに「署名します!」と
かけよってきた20代サラリーマンの男性は、
「原発がこんなにひどいものとは知らなかった。
何とかしたいです。がんばってください」と。
「電力会社に勤めていた夫は、TVを観て「うそばかりだ」と
 言っている。避難区域の解除に怒り、
「子どもたちをなんとかしないと」と言っている」と
60代の女性。
現在フランスに住んでいて、一時帰国しているという女性も、
「署名していいですか」と書いてくれました
「日本政府は嘘ばかり言っていますね。福島の事故のあと、
 フランスではすぐにデモがおきましたよ」と、
フランスからみた日本を話してくださいました。

syomei2-1_s.jpg


マイクで訴えているこちらも、
署名用紙に書かれているふくしまの子どもたちの状況を話すたびに
涙がでそうになりながらの宣伝でした。
対話して感じたのは、
「本当のことを知りたい」「なんとかしたい」ということ。
ふくしまの子どもたちを守ろうと、
これからも訴えていきます☆



スポンサーサイト

教育の無償化&今年のノーベル平和賞 | topページへ戻る | 手作りちゃんちゃんこを被災地へ

このページのtopに戻る

コメント:

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。